Welcome to Komiyama Group (English page is Here.)

東京大学大学院 総合文化研究科 (駒場Iキャンパス) 小宮山研究室のページです。半導体デバイスにおける量子現象の基礎研究および、それを応用した世界最高感度のテラヘルツ・フォトン顕微鏡を開発しています。

研究室紹介パンフレット(PDF)

研究室紹介ビデオ (P型ゲルマニウムレーザーの開発について)

News

VerticalNews誌で研究が紹介されました

Wednesday, 3 August 2011

THz-SNOM (走査型近接場顕微鏡) の研究がVerticalNews Electronics誌で紹介されました。

また、エッジチャネルにおけるスカーミオンの研究もVerticalNews Physics Week誌で紹介されました。

最新の研究内容を紹介

Wednesday, 1 June 2011

「最近の会議発表から」・「最近の研究テーマ」を最新の研究内容に合わせて更新しました。また、研究室の紹介ビデオを掲載しました。

最近の会議発表から

テラヘルツ顕微鏡によるナノ構造の観察 (JST公開シンポジウム, March 9, 2011)

中赤外・テラヘルツ帯の単一光子検出器とその応用 (Invited; Annual Meeting IEEE Photonics Society, Nov. 2010)

テラヘルツ単一光子検出とその応用 (Invited; CLEO/QELS, San Jose, California, May 2010)

テラヘルツ光の近接場顕微計測 (Oral; CLEO/QELS, San Jose, California, May 2010)

ナノデバイス核スピン偏極の空間分布計測 (PASPS-14, Dec. 2009, (YouTube動画))

核スピンをプローブとした Spin-Textured Edge States の検出 (QNSP 2010, Mar. 2010)

Table of Contents